FC2ブログ
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同時廃止手続の流れについて

自己破産には同時廃止少額管財の2種類が存在しています。
どちらに分けられるかで流れは変わってきます。

では、同時廃止の場合はどのような流れで進んでいくのでしょうか。

同時廃止決定が下されるとこの時点で債権者からの取り立てなどが来なくなります。

弁護士などの専門家に依頼している場合は受任通知などをおくってくれるので、
わざわざ自分で届ける必要はありません。
同時廃止決定の次には引き直し計算という、債務額の確定をしていきます。

スポンサードリンク


この時、過払い金が発生すると過払い分を変換する事も可能になるので、
消費者金融から借りていたという人はこの事にも注目しておくといいでしょう。
引き直し計算が終わったら今度は自己破産申立をします。

自己破産申立にはいろんな書類が必要になりますが、
弁護士などと協力しながら行えばそこまで長い時間はかかりません。

提出した書類に問題が無ければ即日面接となるのですが、
弁護士に依頼している人は自分で行わずに弁護士に任せてしまう事も可能です。

無事即日面接が終わったら次は破産手続開始決定や審尋の日程が決められます。
審尋なども特に問題なく終わらせられれば、私たちの目的である免責決定が受けられます。

以上のような流れで同時廃止は行われていきます。
免責決定を受けられればもう借金に悩まされる事もありませんので、
借金が無かった頃の生活を取り戻せるでしょう。
色々と制限がありますが、それでも普通に暮らしていけるようになりますよ。

スポンサードリンク


theme : ローン・キャッシング情報
genre : ファイナンス

最新記事

フリーエリア

  • SEOブログパーツ
アンチエイジング興味あり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。