FC2ブログ
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弁護士と司法書士の違い

自己破産の手続きをする事ができるのは弁護士の他に司法書士がいます。
弁護士でも司法書士でも腕があればどちらでも良いと考える人が多いですが、
両者では扱えるものに差があったり出来る事に限界があるので注意しましょう。

弁護士の場合はどんな場合でも自己破産の手続きをする事ができます。
司法士に比べて予納金も安いですし、手続きが完了するまでの期間も短いです。
しかし、司法書士は平成15年の法改正で自己破産などの手続きをする事ができると
認められたばかりでまだまだ制限が設けられています。

まず司法書士は140万円を超える案件は扱う事ができません。
全ての借金の総額が140万円以下である場合は司法書士でも交渉権や訴訟代理権が与えられます。
これさえあれば十分だろうと思うかもしれませんが、

スポンサードリンク


この訴訟代理権は簡易裁判のみに認められているもので、その他の裁判では無効となってしまいます。
これは法改正で決まった事なので認められていない事は決して行う事はできません。

また、借金が複数ある場合はそれらの合計で計算されるので、
ひとつひとつの借金は140万円以下だったとしても合計がそれ以上の場合は
司法書士ではなく弁護士にしか相談する事ができません。

まだまだ司法書士の割合が少ない自己破産手続きですが、
140万円以下である人は弁護士だけではなく司法書士も含めて相談先を選んでみてください。

スポンサードリンク


theme : ローン・キャッシング情報
genre : ファイナンス

最新記事

フリーエリア

  • SEOブログパーツ
アンチエイジング興味あり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。